津田沼の不動産なら長野土地建物株式会社・長野建設株式会社

熊本県ふるさと物産館 - 「桜日本一里づくり」をめざして -

「桜日本一里づくり」をめざして

南阿蘇村 村長 今村 輝昭

南阿蘇村は阿蘇くじゅう国立公園内のまんなか。清らかなわき水、牧歌的なみどり続く原野、数多くの温泉などを懐に、阿蘇五岳のパノラマと田園風景は、世界遺産の指定を目指すことを検討していますほど、どこにもない自慢の景観でございます。
また、俵山トンネルが開通して、『阿蘇くまもと空港』からわずか30分と近くなりました。

南阿蘇村 村長 今村 輝昭

今回、株式会社長野建設の代表取締役会長長野貞春さまから、南阿蘇村を桜の名所にしようと『桜日本一の里づくり』のご発案から、桜一万本もの寄贈のお話をいただきました。

まず「グリーンピア南阿蘇」「アスペクタ」周辺の村有原野に植樹して、新たな村の名所として、また地元の方の原野管理の負担軽減にと、一石二鳥ではないかと、大変喜ばしく考えております。
本日がその第一回目の記念すべき植樹式でございます。折りしも建国記念日であり、「桜日本一の里」の建国記念日ともなりました。
本日植樹いたします桜のひとつ、『河津桜』は花が大きく、美しいピンク色で大変人気の高い品種と聞いております。本日は五千五百本、来年以降は千五百本づつの植樹の計画でございます。
また、この桜の呼び名につきましても、日本一の桜の郷にふさわしい呼び名を公募しておりまして、本年中には決定し、村おこしに役立てていく予定です。
一万本を植え終わるころには、今年の桜はもう花を付け始めているかと、楽しみにしています。長野さまのふるさとへの思いを大変ありがたく受け止めて、深く感謝申し上げますとともに、この『桜日本一の里づくり』、みなさまに楽しみにしていただきたいと存じます。

『桜日本一の里』への苗は植えられました。みなさまに愛でていただいて、大きく立派に育てあげたいと思います。
長野さまの古里への思いを大変ありがたく受け止めて、深く感謝申し上げますとともに、今後とも活力ある南阿蘇村づくりのために是非お力添えを賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

また、今回の大事業の準備に際しましては、肥後奨学会有斐学舎同窓生の皆さまをはじめ、多くの関係者の皆さまにお力添えを賜りながら進めて参りました。衷心より御礼申し上げます。
この桜たちが大きく花開き、村に新しい活力を与えてくれることを信じてやみません。どうか皆さまと大きく育てていきたいというお願いをもちまして、植樹式典のごあいさつに返させていただきます。

平成20年2月11日(建国記念日)

ページのトップへ戻る