津田沼の不動産なら長野土地建物株式会社・長野建設株式会社

船橋施工例

リフォーム施工例

  • リフォーム前

    リフォーム前
    家族団欒のLDKです。薄汚れた床、天井、壁。当時の床材はクッション性も悪く、階下の住民に騒音が響き易い為気を使って生活していました。
  • リフォーム後

    リフォーム後
    床材は、現在の新築マンションで使われるL45タイプを使用。足元がフカフカし、絨毯のようです。遮音性に優れていますので階下にご迷惑をかけることがございません。
  • リフォーム前

    リフォーム前
    向って右側の壁があった為、狭いタイプのキッチンしか使えませんでした。せっかくキッチンを新しくしても使い勝手が悪いのでは解決になりません。
  • リフォーム後

    リフォーム後
    ですので、壁を取り壊し広いタイプのキッチンを入れました。各メーカーW2,550のタイプが主流でIHヒーター、食器洗乾燥機など話題のキッチンが選べるのが嬉しいですね
  • リフォーム前

    リフォーム前
    浴室に付いていたバランス釜。浴室が狭くなる原因でした。また衛生的にもいいとは言えません。
  • リフォーム後

    リフォーム後
    このバランス釜を撤去し、配管を床下に潜らせ湯沸器をバルコニーに出しました。この手法により浴室の広さを目一杯利用できますので、ユニットバスを設置しました。
  • トイレ
    トイレ
    下水配管を移動し、最新の洋式トイレを設置しました。マンションはコンクリート躯体の為、配管を移動するのが難しいのです。
  • サニタリースペース
    サニタリースペース
    サニタリースペースとして、浴室、トイレ、洗面台、洗濯機置場をコンパクトにまとめました。正面のドアを閉めれば、生活をお友達に見せることなく居間にお通しできます。
  • 洋室
    洋室
    中学生のお子様がお使いになる洋室です。枠ごと取り換えたホワイトの建具がとても素敵です。また天井・壁もホワイトを基調に貼り替えました。床は遮音性能に優れたL45床材を使用し、階下に配慮しております。
  • 湯沸器はバルコニーへ
    湯沸器はバルコニーへ
    浴室を狭くしていた湯沸器をバルコニーに移動しました。キッチン、浴室、洗面台への給湯配管は床下を潜り接続されています。故障時の点検もこれで容易ですし、何よりスッキリ。湯気も直接大気に放出され衛生的です。

浴室の広さを確保

浴室は昔ながらのバランス釜(FF式)でした。この釜があると浴槽が狭い!配管を延長し、床下を潜らせバルコニーに湯沸かし器を持ってきました。これにより広くて素敵なユニットバスが入りました。

使い勝手の良いキッチン

室内の建具は枠ごと交換。白を基調としたさわやかな空間に仕上げました。また従来のキッチンは幅が狭いため、仕切り壁を取り除き戸建住宅で使うW=2550タイプを入れ開放感を感じます。

JR総武線津田沼駅へアクセスできるマンモス団地の一室です。築30年が経過しておりますが、管理が良く行き届いたマンションですので、外観はとても素敵です。しかし室内は30年の歴史を感じます。この度、室内全ての壁、床、天井を剥がし、大規模改修工事を行いました。

家族構成
夫婦2人
中学生1人
所在地
千葉県船橋市
築年数
30年
リフォーム面積
70m2
工期
20 日
総工費
350 万円

このページのトップに戻る