津田沼の不動産なら長野土地建物株式会社・長野建設株式会社

HOME施工例イベント情報長野のRC特集リフォーム施工事例介護保険長野の地震に強い家づくり
 

鉄筋コンクリート住宅だから実現できた「強さ」・「快適性」・「経済性」

RCの意味ついて

RCとは、鉄筋コンクリートの事を言います。
Rはレインフォースド(rein-forced)=補強された、の略です。Cはコンクリート(Concrete)の略です。
補強されたコンクリートという意味で、つまりはコンクリートの中に鉄筋をいれさらに補強した構造が鉄筋コンクリート構造=RCなのです。

カタログ請求はこちら

  • RCスタイル
  • とことん知って建てる納得の住まい

RCの特徴

強さ

震度7にも耐える耐震性

阪神大震災でも被害報告がなかった壁式鉄筋コンクリート構造(モノコック構造)。壁で外力を分散して受、壁一体構造なので地震・台風などの災害に対して強さを発揮します。

震度7にも耐える耐震性

基礎は、一般木造の数倍の鉄筋を敷き詰めた「耐圧スラブ基礎」で、その基礎と躯体が1体となるモノコック構造を形成します。

つまり鉄筋コンクリートで作られた6面体の箱となり、地震や台風などの外力をバランスよく分散してうけとめます。日本を襲った数々の大地震においても、一番被害が少なかった構造は鉄筋コンクリート壁式構造でした。

2時間耐火

180mm厚のコンクリートで躯体が作られているため、鉄筋コンクリート住宅は、家丸ごと耐火構造です。火災に対する安全性は一般木造などとは圧倒的に違います。また耐火構造であることで、都市部の防火地域にも建築が可能です。

屋上に庭園やジャグジー=頑丈な構造

屋上に設置するジャグジーや庭園などはかなりの重量。この重さを支えるには骨組み、つまり構造の耐力が強く求められます。

快適性

躯体内無結露

躯体ない無結露により、アトピーなどの原因になるカビ・ダニが防止ができるほど、これらの発生源がないので匂いなどにも悩まされることなく快適です。

・一体型壁構造
コンクリートと断念材を一体化した空気層のない構造のため、躯体を痛める原因にもなる壁体内結露や、健康に害を及ぼすカビやダニの発生もありません。
・24時間換気システム
24時間換気システムにより、汚れた空気とともに湿気も排出。新鮮な空気を取り入れ結露の起きにくい室内環境を実現。花粉ハウスダスト、さらにシックハウスの原因ともなるVOC(揮発性有機化合物)の臭気も除去します。
家中どこにいても快適な室内温度

各部屋の温度差が少なく、人の体に負担をかけない健康にいい住宅。脱衣室・浴室の寒さは高齢者には大敵で、一定した室内温度がヒートショック事故防止にもなります。

優れた遮音性を証明

音のエネルギーを180mm厚のコンクリート躯体と54mm厚の断熱吸収音材で遮断。外部の騒音が気にならない程静か。又、厚みがある床天井は子供が2人で遊んで転げまわっても振動音の伝わりは少なく、上下階の音もまったく気になりません。

・防音床構造
衝撃音の吸収層をもつ6層の防音構造床。
優れた遮音性を証明
・高断熱複層ガラスサッシ
音の進入や漏れが起きやすい開口部は、遮音性の高い複層ガラスサッシでカバー。

経済性

高気密・高断熱でエネルギーロス無し

高性能鉄筋コンクリート住宅は、気密も在来木造住宅の15倍。その効果は、従来1部屋にかけていた冷暖房費と同じ位の負担で全室冷暖房が可能になるほど経済的。

・発砲断熱材
54mm厚の発砲断熱材により優れた断熱性能を発揮。快適でしかも経済的な省エネ空間を作ります。
・高断熱複数サッシ
音の進入や漏れが起きやすい開口部は、遮音性の高い複層ガラスサッシでカバー。
住宅寿命が長い

建物の耐用年数は木造住宅の2倍以上。法定耐用年数47年(木造22年)。メンテナンスにより100年住むことが可能な高耐久な構造です。

保険料が安い

高性能鉄筋コンクリート住宅は、燃えにくい構造体「耐火構造」だから火災保険料が大幅に割安。掛け金は木造住宅の1/3.※地球より多少違いがあります。

不動産の売却・購入・仲介   賃貸物件の入居・仲介   オーナー様へ   新築住宅の建築・リフォーム
プライバシーポリシー   サイトマップ   お問合わせ  
採用情報   会社案内